活動の仕方のお話

いも観察日記

===================================================================

 

今年一年間を振り返って

※この記事はICT アドべントカレンダーの17日目の記事です。

どうもおはよう、こんにちは、こんばんはpotatoです。
アドベントカレンダー17日を担当させていただきます。
拙い言葉で書き記すので了承のほどお願いいたします。

昨日は後期中間テスト期間中に大会がかぶりかなりつらい開発をするも
起業賞を見事勝ち取ったマース先輩。偉大なるM言g…創z
大会ほんとにお疲れ様でした。その偉大な岸本先輩が書いた記事は
下のリンクから飛べます。

shi-o.hatenablog.com

この1年を振り返ってみて

 まず、初めに書くべきはやはりお礼でしょうか。

PC設定会でPCの設定をしてくれて、ICT委員会へ行くきっかけを与えて下さった

先輩方、プログラミングがわからない時にご指導して下さった先輩方、教授方、

そしてなにより ちーむまぐろの皆様へ、未熟な1年生を鍛え、

支えてくれた事に心からの深い感謝を。

 

この1年は、特に何も無い普通の1年間だった   と言うには、あまりに多くの事をこの1年で経験したように思えます。

この1年は自分のこれからの人生について確実に糧になった1年間だったと思っています。

 困難を前にした時に助けてくださった皆様に今一度深い感謝を。

本当にこの1年間有難うございました。

 

さて、ここからが今回のアドベントカレンダーの本編と言ってもいいのですが、そもそも1年生なので技術力ないから技術系の話が出来ないし、これといって面白いネタは無く……なんとかノリと勢いで頑張ります。

目次

  1. 今年したこと
  2. 今年の反省点
  3. 来年したいこと
  4. 今年度のICT
  5. 来年度のICTへ

 

1.今年したこと

まず、一通り触ったことの一覧を列挙していきたいと思います。

 1. C# 画面遷移と簡単なアプリケーションなら制作可能になった。

 2. C すいません昨日プロ4さわり始めたのでたいした進捗ありません。

     ゆるちて…。

 3.  c++ さらっとしかさわってないのでcinとかcoutしかわからないです。

 4. Ruby 基礎文法を勉強中 同じ実行結果でもかなり実装方法が存在するため

  大幅に時間がかかってます。

 5. CTF つん先輩にお世話になって少しだけセキュリティ関連を勉強してます。

 6. 鉄板・端材加工 主に鉄板の切断方法 雌ねじの作成法 雄ねじの作成法を

 理解しました。 来年度から鉄板も加工可能です。

 7. コイルガンは良いぞ! コイルガンちょこっとだけ作りました。

  春合宿までには完成させたいですね。

 8.3Dホログラムも作りました。はやく女の子作りたい…。

 

2.今年の反省点

   1.    まず、C#はコピペばかりしていたのできちんとした理解が得られていない。

    実装力があまり身についていない

   2.   C#半年触っていたせいで、C言語プロ2の範囲ほとんど忘れました。

   3.   あまり、1年生とコミュニケーションをとることが夏休み以降できなかった。

   4.   魔剤取り過ぎ?た?

      5.  チームメンバーの指示を意訳し間違えてしまったのできちんと意思疎通したい。

 

3.来年したいこと

  1. Python人工無能作成 機械学習 人工知能作成

        2.C#でアプリ開発

  3. 大会で最優秀賞を勝ち取る。

  4. 競プロ本戦参加

  5. 3Dホログラム

  6. セキュリティコンテスト参加

       7. プロ4・アルゴリズムとデータ構造を終える。

  8. 来年度の新一年生をメンターとして支えていきたい。

 

4.今年度のICT

 今年はメンターが一年生に長期的につけなくて、一年生と先輩方との間にすこし壁を感じました。

 僕個人はちーむまぐろが全員先輩だったことや、親しみやすい

 良い先輩達だったことで、そこまで話しかけずらいということは

 ありませんでしたが…。

 分からない事があると、すぐ聞くことのできる有能な先輩方がいるので、

 しっかり交流して欲しいです。

 開発に関しては、それぞれのチームが大会前まで割とのんびりと開発して、

 大会直前でラッシュをかけていたように感じます。毎年なんですかね?

 それから、教授がおっしゃっていたのですが、

 各チーム企画書を読み返したりして、

 そのアプリ開発の原点を常に再確認しながら開発に望んで欲しい

 

 本当にその通りだと感じます。

 開発中、開発の原点からそれた部分の開発をしてタスクをはやしてしまって

 本当に必要な部分の開発時間が減ってしまったり、メンバーの誰かの

 キャパを超えてしまったりすると本末転倒なのではないでしょうか?

 それから、幾つかのチームはタスクの振り分けが特定の個人に

 集中しすぎていたような気が端から見ていて感じました。

 

 まだ1年目の僕視点から見たことなのでそれは違うだろとか、

 何言ってんだずうずうしいぞこいつとかは心の中だけにしてください…。

 脆弱メンタルなので…。

 

5.来年度のICTへ

 リーダー人材の育成をして欲しい、とゆうかしましょう。

 LTとかで技術紹介してICT全体のスキルアップをはかりたいですね。

 教授にあまり負担をかけ過ぎないようにしたいですね。

 後輩育成を頑張りたいですね。

 デスマしないようタスクの振り分けをしっかりしていきたいですね。

 

----  最後に ------

 ここまで拙い長文を読んでくださってありがとうございました。

 来年がICTのみなさんにとって実りある一年になることを心からお祈りしています。

 

今日は他にも僕よりも圧倒的語彙力のある一年の女子二人が

記事を書いてくれますのでぜひ読んでください。

b-mk.hatenablog.com

  

rio-k827.hatenablog.com

明日は眠人先輩とroy-l&Shoです。僕の100倍くらい面白い記事を書いてくれるので

ぜひ読んでください。

nemu-sou.hatenablog.com

今年の振り返りと最近のこと - tip36のブログ

[//リンク3]